HOME > 畳のあれこれ

畳のあれこれ

畳の替え時

畳の替え時
手入れの仕方によって、畳の寿命は違ってきます。
普通3〜4年で裏返し、4〜5年で表替えを一つの目安とします。
畳は湿気や害虫を嫌うのでこまめに掃除をして部屋の空気を入れ替えましょう。
サーキュレーター・扇風機等で強制的に部屋の空気をかき混ぜることも良いでしょう。
無理して重い畳を日に干さなくても良いでしょう。
良い環境で大事に使えば畳床は40〜50年は持ちます。
最近は部屋を洋風にするため、畳の上に絨毯を敷く家が増えてきましたが、畳の呼吸を妨げ、二酸化窒素の吸着を邪魔します。
その上、湿気や埃が溜まり、カビ・ダニの発生を促し、畳ばかりではなく家の寿命を縮めることともなります。

カビが発生した場合

よく晴れた日中に窓を開け畳表に3〜4時間風を当て乾燥させます。
(エアコンか除湿機を使うのもひとつの方法です。)
よく乾燥した頃合いを見て、ブラシ、タワシでブラッシングして頂くとカビは掻き出せますので掃除機を掛けて、乾拭きして頂くと綺麗になります。
また、消毒用アルコール・希釈したお酢を布に染み込ませ拭き取っていただくのも良いでしょう。

畳の保湿性・遮断性について

畳の素材
畳の素材である、い草やわらの内部は、空気を含んでいるため、夏の暑さを遮断し、冬は部屋の中を暖かく保ってくれます。

ご相談・お見積りは無料です。当店職人が迅速・丁寧・親切対応いたします!TEL:059-365-0833 営業時間 8:00〜17:00(日曜休) 新調はもちろん畳の状態に合わせて表替え、裏返しなど修繕させていただきます。